ランキングで人気ミネラルファンデーション|化粧品情報ワールド

アトピー肌の保湿

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は、男女問わず、赤ちゃんからお年寄りまで罹患する可能性のある皮膚病です。強いかゆみを持つ赤みの目立つ皮疹が特徴で、原因は特定されていませんが、治りにくいのが特徴とされています。子供のころに一度症状が治まっても、大人になってから再発することもあります。 アトピー性皮膚炎は、肌が乾燥しているタイプの方がなりやすいといわれています。そのため、肌に合った保湿ケアを行うことで肌のバリア機能を向上させ、様々な物質にアレルギーを起こしにくくすることが期待できることから、適切な保湿ケアが皮膚科でも推奨されています。 アトピー性皮膚炎用の保湿剤は、皮膚科で処方されるものの他、化粧品メーカーや医薬品メーカーからも販売されています。

適切な保湿で健やかな肌に

アトピー性皮膚炎の方は、肌の保湿力が低下傾向にあるとされているため、入浴時に工夫をすることでかゆみを和らげたり、症状を押さえたりする効果が期待されています。 熱い温度のお湯はかゆみを助長させる傾向にあることから、シャワーや湯船の温度もあまり熱すぎないものが良いといわれています。又、水道水に含まれる塩素が肌の保湿力を低下させるとのデータもあることから、ビタミンCを添加することで塩素を除去し、肌への刺激を低下させる試みを行っている皮膚科も増えています。 アトピー性皮膚炎用の保湿剤の多くは、アレルギーを起こしにくい処方がされています。香料や着色料、鉱物油などを配合しないことにより、敏感肌を効果的に保湿する役割があるとされています。